おかげさまで7年目

J-SOX法内部監査対応

J-SOX法内部監査対応

J-SOX対応においては、一般に業務記述書、業務フロー、リスクコントロールマトリクスのいわゆる文書化3点セットに焦点が当てられがちですが、実はその後の内部監査の実施に要する工数の方が膨大です。文書化は一度作成すればその後は変更箇所の修正にみですが、内部監査は毎年実施しなければなりませんので、自社内において効率的に運用できる仕組み作りが重要となります。

J-SOX法内部監査対応の選び方

監査業務には専門的な知識や経験が必要となりますが、自社内においてそのような専門スタッフを有する企業は別として、通常は監査経験が豊富ではない要員で対応せざるを得ない場合もあります。そのため、使用するテンプレートやツールにおいては、いかに監査ノウハウが盛り込まれているかが重要となります。

≪ お問合せポータルのコンシェルジュサービス ≫

J-SOX法内部監査対応・コンシェルジュ

熊谷
担当コンシェルジュ
熊谷
J-SOX法内部監査対応を考えているが何をしていいかわからない。J-SOX法内部監査対応の比較検討項目がわからない。どのJ-SOX法内部監査対応会社に問合せていいのかわからない。
そんな時は、J-SOX法内部監査対応コンシェルジュにご相談ください。どんな相談にも無料で丁寧にお答えさせていただきます。
お気軽にお問合せください

J-SOX法内部監査対応会社

株式会社 シスメイト 一括
「THE統制」は実践ノウハウから蓄積された経験を基に日本の組織基盤の企業文化に合わせて開発、拡張性、柔軟性、セキュリティー、コンプライアンスに対応できる内部統制整備・運用評価支援ツールです。

内部統制サービス関連会社様募集中!